会社案内

ご挨拶

※画像クリックで拡大表示されます。

ご挨拶
ご挨拶

株式会社 いちごランド石巻 全景①

株式会社 いちごランド石巻 全景②

弊社は、蛇田地区内のいちご栽培農家4名が1997年3月、「有限会社いちごランド石巻」として農業生産法人を設立し、1997年、1998年度農業経営基盤確率農業構造改善事業により栽培施設4棟(A~D、12,400㎡)を導入し栽培を開始いたしました。

その後、2005年度新みやぎのアグリビジネス戦略経営体育成支援事業(1~4)、宮城県園芸特産重点強化整備事業(5~6)などを活用し、施設・設備の拡大を図るとともに、2007年には株式会社に商号を変更、現在は当初の3倍(10棟 34,500㎡)にまで施設を拡大し、「紅ほっぺ」を主力品種に栽培を行っています。

栽培施設は、複合環境制御装置や高設栽培などの導入により、作業効率および作業環境の改善を図るとともに、栽培の基本である高位安定生産を目指し日々努力をしています。

また、私たちは石巻市における第一次産業の担い手企業として、生産・販売高の増大はもちろんのこと。地域内雇用の安定確保にもつとめてまいります。

会社概要

会社名 株式会社いちごランド石巻
設立 1997年3月
代表 佐々木 慶和
住所 〒986-0861
宮城県石巻市蛇田上待井65-2
アクセス JR仙台線 蛇田駅から車で約7分
TEL 0225-23-7488
FAX 0225-21-6680
MAIL info@i-ichigo.co.jp
店舗営業時間 9:30~16:00
※いちごがなくなり次第、閉店となりますのでご了承ください。
店舗定休日 お正月のみ

沿革

1994年から事業を開始した「県営蛇田地区担い手育成基盤整備事業」(水田の大区画)が進む中で、企業的農業経営の確立を図るための園芸団地化構想が打ち出され、創設換地(新たに畑地として換地)により、5.2haの高付加価値農業区(園芸団地)が生み出されることとなり、団地参画者を募集したところ、法人経営を志す地域の担い手13名が参画を希望。
参画者により「石巻市高生産性野菜栽培組合」を組織し事業の早期導入に向け検討会、研修会、陳情活動などを精力的に展開。
上記の活動を通じて、作付作目や事業形態ごとに3つにグループ化し、当社を含め3法人を設立するとともに、グループごとに国庫事業を継続して導入。
当社は第2グループで、その後の展開は以下の通りです。

1997年3月 有限会社いちごランド石巻 設立(社員(出資者)4名)
1997年~1998年 農業経営基盤確立農業改善事業(2ヶ年継続 国庫事業)により鉄骨ハウス4棟(12,400㎡)および高設栽培システム導入
同年より生産・販売を開始
2005年 新みやぎのアグリビジネス戦略経営体育成事業(県単独事業)により、鉄骨ハウス4棟(17,500㎡)、選果場・直売店舗兼事務所及び高設栽培システムを導入(同年より、本格的に直売を開始)
2006年 市町村総合補助金(園芸特産重点強化整備事業 県単独事業)により、鉄骨ハウス1棟(3,100㎡)、高設栽培システム、予冷庫、育苗ハウスを導入
2007年9月 商号変更(有限会社⇒株式会社)、種類株式発行、取締役会設置会社となる
2009年 市町村総合補助金(園芸特産重点強化整備事業 県単独事業)により、鉄骨ハウス1棟(1,400㎡ 自己資金)に高設栽培システムを導入
2014年 JAいしのまき園芸用施設導入支援事業(JA全農東日本大震災復興支援)により育苗ハウス(底面吸水育苗システムを含む)、夜冷庫導入
2018年 上記の隣接地に自己資金により育苗ハウス(底面吸水育苗システムを含む)導入
育苗ハウスの集約化を図る
2019年 県が事業主体・当社が取組主体となる次世代施設園芸地域展開促進事業(次世代施設園芸技術習得支援事業)により、統合型環境制御システム(smart BRID)、光合成促進装置(炭酸ガス局所施用機 真呼吸)を導入
事業要項に基づき関係機関と一体となり調査・検討事業等を実施し、農業の見える化および高位安定生産技術の確立を目指す

JR仙台線 蛇田駅から車で約7分

お問い合わせ

お問い合わせはお電話・FAXまたは
お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ先 いちごランド石巻

TEL 0225-23-7488

FAX 0225-21-6680